打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 転倒した際に足を打った

  • 打撲した部位が内出血を起こしている

  • 角に頭をぶつけて「たんこぶ」ができた

  • 時間とともに打撲部位の痛みが強くなっている

「打撲」をしたときの対処法

「打撲」は、スポーツ中の接触、事故、あるいは日常生活で足をぶつけてしまったときなど、

あらゆるシーンで起こりうるケガの一つです。

 

ぶつけた当初はそれほど痛みを感じなかったとしても

「時間の経過とともに痛みが増してきた」というケースもあります。

 

たかが打撲と放っておくと悪化する可能性もあります。

今回は、打撲の原因や症状とともに正しい対処方法をお伝えします。

打撲早期回復メニュー Recommend Menu

打撲の症状と原因について

打撲するとどのような症状が起きるのでしょうか。

また、打撲しやすいシーンについてもご紹介します。

 

【打撲の症状】

 

打撲は状況によって違いは出るものの、一般的には「痛み」「腫れ」の2つの症状が患部に生じます。

また、打撲症状の特徴の一つとして患部の皮膚の色が赤黒く変色するまでにはある程度時間がかかるという点も挙げられます。
皮膚が変色するのはなぜでしょうか。
それは、皮膚の内部で内出血が起こるからなのです。
内出血はじわじわ時間をかけて広がるため、目で見て確認できるまでには時間がかかることがあるのです。

 

【打撲しやすい場面】

 

打撲は、モノや人と強く接触することが主な原因です。
スポーツでいえば、サッカーやバスケットボール、アメフトなど相手チームと接触する場面の多くあるスポーツは打撲のリスクが高いと言えるでしょう。

スポーツ以外にも、日常生活のふとした瞬間にも打撲をしてしまうことがあります。
例えば、机の角に足をぶつけてしまったときや、戸棚の角に頭をぶつけてできる「たんこぶ」も、打撲の一種です。

特に注意したいこととして、足腰の弱り始める中高年層の方は、段差で足を踏み外したりバランスを崩した際に転倒して打撲を負うケースもあります。
朝起きてすぐ、ベッドから落ちてケガをするなどといったことも決して少なくはありません。

年齢関係なく起こりえる打撲。日頃から注意することももちろん大切ですが、正しい対処方法を知ることも症状改善を早めるためにも重要となります。

「打撲」してしまった際の正しい対処方法

ケガをした部分に炎症が起き、痛みや腫れを生じる打撲。

まず一番に「冷やす」ことが何よりもポイントとなってきます。

患部の血管を収縮させて腫れを最小限に留めることで、症状の悪化と痛みを軽減させるためです。
決して温めてはいけません。痛みがさらに強く出てしまいます。
また、無理に動かしたり不必要に患部に触れる、押すなどもやめましょう。

 

実際に、打撲をした際の応急処置『RICE処置』をご紹介します。
『RICE処置』は打撲だけでなく捻挫の時にも使える応急処置です。
いざというときのためにも覚えておくと安心です。

 

【急な打撲には『RICE処置』】

①Rest(安静)

患部の腫れや血管と神経の損傷を防ぐために「安静」にします。
痛みを確かめようと患部を押したりむやみに触れることはやめましょう。

②Icing(冷やす)

炎症を沈めるために冷やします。冷却グッズがなければ、ビニール袋に氷を水を入れて代用します。
直接肌には当てず、タオルを一枚挟むなどして凍傷を防ぎましょう。
15分から20分ほど冷やしたら一度やめて、痛みが出てきたタイミングで再び冷やすを繰り返します。
3日経っても痛みが引かない場合は骨折も考えられるため、医療機関で診察を受けるようにしましょう。

③Compression(圧迫)

テーピングや弾性包帯を使って患部に圧をかけて内出血による腫れの広がりを防ぎます。

④Elevation(挙上)

腫れを軽減させる目的で、患部を心臓よりも高い位置に挙げてそのまま安静にします。
患部に負担がかからないように、クッションなどを使ってその上に足や腕を乗せると良いでしょう。

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【打撲】アプローチ方法

打撲は放っておいても修復されると思われがちですが、打撲直後から適切な処置を行うことが重要です。

当院では、まず打撲に対してアイシングを行います。

打撲をしてから72時間は炎症期となります。

その期間にアイシングをすることで炎症を最小限に抑えることが期待でき、早期回復へ繋がります。

また、損傷してしまった組織は放置しておいても元の状態に修復されていくわけではありません。 壊れた状態のままで修復しようとしていきます。

そのため、患部周りの筋肉を強化するなどをして、周りの筋肉に負荷のかからない状態にすることが重要です。

筋力強化を促進するため、周辺の筋肉を柔らかくしていくことも必要と考えています。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活上での突発的なケガや過度の筋緊張、不意に加わった荷重、直接的な外力、スポーツ中に一度の外力で起こる損傷に対しての施術です。
または、日常生活の動作やスポーツの中で起きる、筋肉の使い過ぎや急な負担、誤った使い方などが原因で起こる損傷の施術を行っています。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中