産後の不調でお悩みの方へ

産後の不調によくある症状

  • 出産前のズボンが入らない

  • 出産後の「ぽっこりお腹」に悩んでいる

  • 冷え性や便秘、むくみやすい

  • 出産前と比べて生理痛がひどくなった

産後の不調に悩んでいませんか

出産が終わり、一息つく間も無く寝る間もない育児の日々を
お過ごしの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

忙しさ極まりない状況の最中、ママたちはたとえ身体に不調を感じても、
自分のことは二の次となってしまうもの。

とはいえ、多くの産後の不調を抱えていることも事実です。

 

産後トラブルのなかでも一番多い悩みの原因が「骨盤のゆがみ」です。

骨盤のゆがみは放っておくと、身体にさまざまな不調を生じるようにもなるため
早めの対処が肝心です。

 

ここでは産後に骨盤周りがゆがむ原因とそれによって起こる症状、
骨盤のゆがみを解消するセルフケアをご紹介します。

産後の不調改善メニュー Recommend Menu

産後に骨盤がゆがむ理由と、骨盤矯正のタイミング

産前、産後を比べながら身体の変化を感じているママはきっと多いのではないでしょうか。
その原因の一つ「骨盤のゆがみ」について詳しくみていきましょう。

 

【産後に骨盤がゆがむ原因】

 

赤ちゃんをお腹に宿すと「リラキシン」というホルモンが分泌されます。
リラキシンには骨盤を支えている靭帯を緩ませる働きがあり、出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするための準備を身体が始めた証拠でもあります。

しかし、ゆるんだ状態の骨盤のまま日々の生活を過ごすことと合わせて、お腹には赤ちゃんだけではなく羊水や胎盤の重さも加わります。
その総重量、4〜5キロとも言われています。

リラキシンの分泌は少なくとも産後1〜2ヶ月頃までは続くため、この間は常に骨盤の靭帯はゆるんだままとなっています。
さらに、出産時には大きく骨盤が開くために靭帯はその時点でさらに伸びることになります。

出産後、ある程度は骨盤は元に戻るものの、なかには大きくゆがんだままになってしまう方もいます。

いずれにせよ何もしないで骨盤を正しい位置に戻すことは難しく、きちんと骨盤矯正をしておくことが重要となります。

 

【骨盤矯正はいつから始めると良いのでしょうか】

 

骨盤矯正は産後2ヶ月から6ヶ月の間までには開始した方が良いでしょう。

産後半年を過ぎてしまうと骨盤がたとえゆがんでいたとしても固定されてしまい、元の状態へと戻すことが難しい状況になってしまいます。

とはいえ、忙しい育児の合間をぬって頻繁に整骨院へ通うなどなかなかできませんよね。
そんなときにおすすめしたいものが「骨盤ベルト」です。

装着するだけで骨盤をサポートしてくれる骨盤ベルトは、産後すぐから始められます。

骨盤ベルトと併用しながらプロの手も借りて、上手にケアすることが理想的です。

 

その不調は「骨盤のゆがみ」が原因かもしれません

産後、骨盤のゆがみをそのままにしているとさまざまな不調を生じる可能性もあります。

 

【骨盤のゆがみによって生じる不調】

 

産後、このような不調に悩んでいるママはいらっしゃいませんか?

 

□お尻がいたくて長時間座っていられない
□腰痛や肩こりに悩む
□生理痛がひどくなった
□ぽっこりお腹が気になっている
□出産前に履いていたズボンが入らない
□下半身がむくみやすくなった
□尿もれする

 

これらは産後、骨盤底筋群がゆるむことによって生じる、いわゆる「産後トラブル」と呼ばれているものの代表的な症状です。

しかし、産後に骨盤底筋群がゆるむことは何も悪いことばかりではありません。

ゆるんでいるということは、身体のゆがみをリセットできる機会が訪れたということでもあります。

 

【セルフケアで骨盤をリセットしましょう】

 

短い時間で手軽にできるセルフケアは、育児に追われるママたちであっても取り入れやすいかと思います。

ではここで、ご自宅でもできる骨盤のゆがみセルフケアをご紹介します。
日々感じている不調から、少しでも解放されましょう。

 

《産後すぐできる寝ながら”骨盤ストレッチ”》

 

仰向けになり、膝を立てて足を組み、手は身体の横へ起きましょう。

その状態で息を吐きながら骨盤をぐっと上へと持ち上げます。このとき腰は反らさぬように、肩から膝までが一直線になるようキープしましょう。

息を吐ききったら深呼吸をして、ふたたび息を吐きながらゆっくりと骨盤を下ろします。

左右の足をそれぞれ10回ずつ行いましょう。ゆっくりと深呼吸をしながら行うことが大切です。

無理はせず、身体と心の調子をみながら自分のペースで取り入れてみて下さい。

 

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【産後の不調】アプローチ方法

産後はさまざまな不調が出やすくなります。

当院では手首〜親指の痛み、膝の痛み(特に階段の登り降りやしゃがんで立ち上がる時の痛み)、骨盤の不安定感や腰痛を訴えてご来院される方が多くいらっしゃいます。

特に産後半年間はホルモンの影響で関節の不安定感が出やすいので関節の痛みを感じる方が非常に多いです。

当院では症状に合わせた施術と姿勢や関節の矯正を行い、不調の原因にアプローチします。

 

 

【産後の不調に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■骨格矯正

骨格矯正は、全身のバランスを確認し、その方にとって最適のバランスに導くことが期待できる施術です。
人間の身体は、もとから左右がまったくの対称ではありません。
そのため、左右対称を目指すわけではなく、その方にとっての最適なバランスになる調整や身体の局所にかかる負荷を取り除くことを目指し、症状の改善を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

首、肩、頭、眼の周りの筋肉を緩めて経穴(ツボ)への刺激を行っています。
頭痛や眼精疲労、自律神経系の悩みに対しても効果が期待できます。

 

【DPL】

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われ、血液循環にもっとも大切な器官です。
DPLは筋肉を深部からほぐして柔軟にしていくことで、全身の血液循環の改善が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

 

■PIA

PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、生体エネルギーの乱れを整え、症状の改善を目指す施術方法です。

 

■産後矯正

産後矯正を行うことで、骨盤を正しい位置に導くことが期待できます。
それによって骨盤底筋群を引き締めたり、姿勢を改善したり、身体の無駄な力を抜いたりするといった効果が期待できます。

 

■季節調整

季節調整を行うことで、季節の変わり目の不調を未然に防ぐことが期待できます。

 

■O脚矯正

O脚の場合、足の外側の筋肉が硬くなってしまうため、下半身の血液がむくみや冷え性を引き起こすと言われています。
そのため骨盤周りと下半身の筋肉を緩めることで血行の促進を目指し、改善を図ります。

 

■猫背矯正

猫背を根本的に改善するためには、背骨や骨盤、頭蓋骨といった骨格の矯正が重要です。
手技を使った特殊矯正によって、自然と正しい姿勢になるよう導きます。

 

■美容鍼灸

美容鍼とは東洋医学の考えに基づき、気の流れや経穴(ツボ)を使い、お顔の悩みや姿勢などをより美しく整えることを目指す、鍼による施術です。
鍼は髪の毛ほどの細さで、お顔の皮膚に微細なキズをつけることにより繊維芽細胞の生成を活発になるよう促します。
また、コラーゲンやエラスチンなどのタンパク質の生成も促すことで、シワやたるみ、肌質の改善などに効果が期待できます。

 

■小顔矯正

小顔矯正は、筋緊張やむくみにより大きくみえてしまっている顔を本来の大きさに戻すことで、小顔を目指していきます。
また、血流が促進されることで顔色も明るくなる効果も期待できます。

 

■温活

岩盤ヒートマットで身体を温め、血行、リンパ液の流れを良くして新陳代謝を活発にします。
30分岩盤浴マットに入るだけで500cc〜1000ccの発汗効果が期待できます。
EMSと同時に行うことで効果の倍増が期待できます。
※結果には個人差があります。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中