スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • スポーツ中に
    捻挫をして
    しまった

  • 肩の故障を繰り返している

  • 激しい運動を繰り返し、疲労骨折を起こした

  • 肘や肩などに強い痛みを覚える

スポーツのケガとの上手な付き合い方

スポーツをされている方の多くは、

今までに一度はケガに悩まされたことがあるのではないでしょうか。

 

ケガが原因でスポーツをできなくなった方、

あるいはケガの後遺症に今もなお苦しんでいる方もいらっしゃるでしょう。

 

スポーツによって生じるケガは

「正しい対処方法」と「予防」が重要なポイントとなります。

 

スポーツをする方はもちろんその周りにいる指導者やご家族も、

ケガをしたときの適切な対処方法の知識を持っておくことは

早く復帰するためにも重要となってきます。

スポーツによるケガ早期回復メニュー Recommend Menu

スポーツによって起こるケガの種類

スポーツで生じるケガは、急な衝撃が加わって生じる『スポーツ外傷』と、特定の部位に負担が積み重なり生じる『スポーツ障害』とがあります。

 

【スポーツ外傷】

 

サッカーやラグビー、バスケットボールなど、選手同士が激しくぶつかり合うスポーツに多く生じるケガの一つです。
骨折や打撲、捻挫などが代表的な症例です。患部に炎症や腫れ、痛みを生じます。

 

【スポーツ障害】

 

同じ動作を繰り返すスポーツに生じることの多いスポーツ障害にはいくつかの種類があります。例えば、肘の外側から前にかけて痛みの生じる「テニス肘」。野球をする方に生じることの多い「野球肘」「野球肩」などが代表的な症例です。

スポーツ障害の主な原因は次の3つが挙げられます。
・オーバーユース(使い過ぎ)
・ミスユース(間違った身体の使い方をしている)
・ディスユース(運動不足)

また、スポーツ選手のみならず、一般の方、特に身体の筋力が弱っている中高年層であってもスポーツ障害を発症することがあります。

◇中高年に多いスポーツ障害

中高年層に最も多く発症するスポーツ障害は「テニス肘」です。

テニス愛好家のみならず、家事や仕事などで繰り返し同じ部位ばかりを使うことが要因の一つとなります。
例えば、重い荷物を引っ張る・持ち上げるなどの動作や、雑巾掛けなど、日常生活のなかで行う動作が負担となり、ある日突然痛みが出るケースは決して少なくありません。

特に女性の場合、男性と比べて筋力は弱く、そのうえ家事で腕を使うことも多いため、テニス肘が発症しやすくもあります。

 

スポーツ外傷・障害の対処方法や予防について

突発的に生じるスポーツ外傷と、特定部位の使いすぎによって生じるスポーツ障害。

この2つはそれぞれ対処法が違ってきます。具体的な対処方法をみてきましょう。

 

【スポーツ外傷の対処法】

 

患部に炎症や痛みを生じるスポーツ外傷の場合、『RICE処置』にて症状の進行を防ぐ必要があります。

◇『RICE処置』

①Rest(安静)
ケガをした部分を動かさず安静に保ちます。

②Icing(冷やす)
腫れ、炎症を悪化させないために患部をアイシングします。

③Compression(圧迫)
炎症による内出血や腫れを防ぐために弾性包帯やテーピングを使って患部を圧迫します。

④Elevation(挙上)
患部を心臓よりも高い位置に上げ、腫れを軽減します。

応急処置をしても痛みが3日以上続く場合は一度医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

【スポーツ障害の対処法】

 

発症すると治りにくいものもあるスポーツ障害は、対処方法に加えて予防も大切です。

◇使い過ぎない

スポーツ障害の原因の一つ「オーバーユース」。これを解消するためには休息日を設けることです。
スポーツマンだけでなく主婦やお仕事をされている方も、痛みが出ている場合でなくとも「休むことも仕事のうち」ととらえて身体をしっかり休めることを忘れず意識してみて下さい。

◇運動前には念入りなウォーミングアップを行う

筋肉が固いまま突然身体を動かしてしまうと、筋肉に余計な負担がかかるだけでなくケガを生じやすくもなります。
身体は動くときに必ず筋肉にも収縮が起こります。
しっかりとストレッチやウォーミングアップをしてケガに強い柔軟な筋肉を備えるようにしましょう。

◇正しい身体の使い方・鍛え方を再確認する

スポーツの種目によって、使われる筋肉は違ってきます。
例えばテニスをする方ならば腕から肩にかけての筋肉を良く使うので、この部位をしっかり鍛えておく必要があります。
また、間違った身体の使い方を続けることもケガのリスクを高めてしまいます。
指導者のアドバイスのもと改めてフォームを見直してみるなど、定期的に身体をチューニングしましょう。

 

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院では、ケガを繰り返さないように根本的な原因から取り除くことを目指し、再発防止にも力を入れています。

痛みの根本改善には患部だけを施術すればいいというわけではないと当院では考えています。

身体全体の状態を検査して根本原因を見極めアプローチをします。

 

 

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活上での突発的なケガや過度の筋緊張、不意に加わった荷重、直接的な外力、スポーツ中に一度の外力で起こる損傷に対しての施術です。
または、日常生活の動作やスポーツの中で起きる、筋肉の使い過ぎや急な負担、誤った使い方などが原因で起こる損傷の施術を行っています。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■骨格矯正

骨格矯正は、全身のバランスを確認し、その方にとって最適のバランスに導くことが期待できる施術です。
人間の身体は、もとから左右がまったくの対称ではありません。
そのため、左右対称を目指すわけではなく、その方にとっての最適なバランスになる調整や身体の局所にかかる負荷を取り除くことを目指し、症状の改善を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

首、肩、頭、眼の周りの筋肉を緩めて経穴(ツボ)への刺激を行っています。
頭痛や眼精疲労、自律神経系の悩みに対しても効果が期待できます。

 

【DPL】

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われ、血液循環にもっとも大切な器官です。
DPLは筋肉を深部からほぐして柔軟にしていくことで、全身の血液循環の改善が期待できます。

 

■鍼灸

鍼灸はその名の通り、鍼やお灸を使用した施術です。
東洋医学では、鍼や灸によって全身の気血の流れを整え、未病(病気になる前の段階)を予防するという考えがあります。
しかし、鍼灸には、未病の予防だけではなく、自己治癒力を向上させることによってさまざまな不調に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中