原因不明の痛み・しびれ
(首・肩・腕)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)によくある症状

  • 首や肩、手の痛みやしびれ

  • 腰痛や足が痛み歩きづらい

  • 立ち上がる際、膝に痛みが走る

  • 身体の節々に痛みを感じる

原因不明の痛み・しびれに悩んでいませんか

慢性的な身体の痛みやしびれは、たとえ不調を感じていたとしても、

医療機関での検査結果は「異常なし」と言われてしまった経験や、

このつらさは一体どうすれば解消されるのだろう、と一人悩みを抱えてはいませんか。

 

こういった「原因不明の不調」の原因はいくつか考えられます。

また、症状によってはセルフケアで解消できる場合もあります。

 

今回は、身体に起こる痛みやしびれの原因についてお話するとともに、

セルフケアもご紹介していきます。

原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)
改善メニュー Recommend Menu

身体の痛み・しびれはなぜ起こるのでしょうか

身体に痛みやしびれを感じる時、先ず「どの部分に」「どんな感じ」で症状が出るかを注意深く観察してみて下さい。

それにより、何が原因なのかがより明確になり、対策を取りやすくもなってくるのです。

例えば、上半身(首、肩、手)などに症状の出る場合は、多くの方に共通して言えることが「首」が原因として考えられるということです。

実際に、首に何らかの障害があり、それが身体の痛みやしびれとなって出てくるのですが、より詳しくその原因についてお話ししていきます。

 

【しびれの原因と症状について】

 

首は「頸椎」とよばれる骨が連なっているような状態で形成されています。

頸椎の間には「椎間板」というクッションのような組織があり、上下の頸椎を支える役割も果たしてくれています。

しかし、椎間板が何らかの原因で破損してしまうと、頸椎の中を通っている「頚髄」という神経組織を圧迫し、それにより痛みやしびれが引き起こされます。
この症状のことを「頸椎椎間板ヘルニア」と呼びます。

・頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板ヘルニアの場合、首の痛み肩こり背中痛といった症状に始まり、手のしびれ筋力低下などが徐々に起こります。
やがて進行すると、頭痛眼精疲労めまいふらつき、さらにひどくなると歩行障害排尿困難といった下半身にまで症状がおよぶケースもあります。

・脊椎間狭窄症

また、背骨の骨と骨の間にある椎間板がダメージを受けたことにより発症する「脊椎間狭窄症」もあります。
脊椎間狭窄症の症状の特徴は、腰痛や足の痛みやしびれ臀部痛などが挙げられます。

 

「頸椎椎間板ヘルニア」「脊椎間狭窄症」ともに主な原因は「老化」と言われていますが、不良姿勢がまねく筋肉や関節への余分な負担が関係しているとも考えられます。

痛みやしびれを感じた場合

痛みやしびれを感じた場合の正しい対処方法は症状により異なります。

あまりに痛みの激しい場合、自分の判断でマッサージや運動を行うと症状が悪化してしまうこともあるため、一度医療機関に相談する方が安心でしょう。

軽い症状の方の場合は、セルフケアにて症状が和らぐこともあります。

実際にどのようは方法があるのかをご紹介していきます。

 

【痛みやしびれを和らげるセルフケア方法】

 

◇軽い運動

身体が痛いからと動かないでいると、筋肉がこり固まり逆効果になってしまいます。
無理は禁物ですが、可能な限り身体をこまめに動かすように意識してみて下さい。

痛みの出ない範囲でのストレッチや軽いウォーキングなどはとってもおすすめです。
毎日数分で良いのでコツコツ継続させることがポイントです。

身体は、使わないところからどんどんと衰えて行ってしまうものです。
意識的に動かして、自分の身体と向き合いながら不調と上手に付き合っていきましょう。

◇身体に負担をかける動作は避ける

首や腰周りの頸椎板損傷が原因の場合、その部位に負担のかかる動作や作業をできる限り控えて症状が悪化しないようにしましょう。
日常生活であれば、物干し竿を低く設置して洗濯物を干す時にかかる身体の負担を軽減するなども一つの方法です。
また、枕選びも重要なポイントとなります。首に負担をかけない、程よい柔らかさ、高さの枕を選びましょう。

◇正しい姿勢

常日頃からできる対処方法として、正しい姿勢を意識しながら生活することもぜひ取り入れてみましょう。
頭のてっぺんを糸で引っ張られているようなイメージで背筋を自然に伸ばし、顎を引いて肩の力は抜きます。この状態が理想的な姿勢と言えます。

歩く時や立っている時、座っていても、常に正しい姿勢を心がけてみて下さい。
身体全体のバランスが整い、余計な負担が一部分にだけにかかることを防ぎます。

 

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)】アプローチ方法

「首・肩・腕」に痛みがあり、さまざまなところへ行って検査を受けても結局原因がわからないというケースも多くあります。

レントゲン撮影で特に骨に異常がない場合、首〜腕の筋肉に問題があることが多いです。

当院では徒手検査、筋力テスト、反射、姿勢観察などによって総合的に症状を判断します。

痛みやしびれの原因となる部位にハイボルト療法を当て、筋肉や神経の働きを正常に戻すことを目指します。

 

 

【原因不明の痛み・しびれ(首・肩・腕)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■骨格矯正

骨格矯正は、全身のバランスを確認し、その方にとって最適のバランスに導くことが期待できる施術です。
人間の身体は、もとから左右がまったくの対称ではありません。
そのため、左右対称を目指すわけではなく、その方にとっての最適なバランスになる調整や身体の局所にかかる負荷を取り除くことを目指し、症状の改善を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

 

■鍼灸

鍼灸はその名の通り、鍼やお灸を使用した施術です。
東洋医学では、鍼や灸によって全身の気血の流れを整え、未病(病気になる前の段階)を予防するという考えがあります。
しかし、鍼灸には、未病の予防だけではなく、自己治癒力を向上させることによってさまざまな不調に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

 

■PIA

PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、生体エネルギーの乱れを整え、症状の改善を目指す施術方法です。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中