原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 足の裏が
    ジンジンして
    感覚が鈍い

  • 歩くと足の裏がしびれたり痛む

  • 腰から足全体に痛みやしびれがある

  • 足がしびれて歩きづらい

足に感じるしびれや痛み、そのままにしていませんか

ジンジン・・・ピリピリ・・・そんな足のしびれや痛みに悩んでいませんか。

たとえ強い痛みがなくとも、いつまでも続く不快な症状はとても苦痛なものです。

 

足のしびれや痛みの症状は、大きく分けて

「治す必要のあるもの」と「心配のないもの」とに分けることができます。

 

原因はさまざまではあるものの、重大な病気が隠れているケースもあるため油断は禁物です。

今回は、足のしびれや痛みはなぜ起こるのか、

そして今日からできる対処方法についてもあわせてご紹介します。

原因不明の痛み・しびれ改善メニュー Recommend Menu

足のしびれ、痛みはなぜ起こるのでしょうか

足のしびれや痛みはなぜ起こるのでしょうか?まずは原因からみていきましょう。

 

【血管や神経の圧迫が足のしびれや痛みの原因】

 

足がしびれる、痛むといった症状の原因は、大きく分けて『血管性』『神経性』の2つに分類されます。

◇『血管性』

『血管性』は、血液循環が悪くなっていることによりしびれや痛みを発症するケースです。
「エコノミークラス症候群」が代表的なものとして挙げられます。
じっと同じ姿勢を続けることで足の血行が滞り、やがてしびれや痛みを生じます。

 

小さい靴を長時間履いて過ごしたり、身体を締め付ける下着を着用しているときにも同じくこのような症状があらわれる場合があります。

◇『神経性』

『神経性』は、神経が何らかによって損傷する、もしくは血行不良を放っておいた結果、神経が圧迫されてしびれや痛みが起こるケースです。

例えば次のような症例が考えられます。

・坐骨神経痛
・足根管症候群
・椎間板ヘルニア
・扁平足(へんぺいそく)
・外反母趾(がいはんぼし)
・変形性股関節症
・関節リウマチ

などが代表的な症例です。

腰や骨盤のゆがみによって、腰痛から足へとしびれや痛みが広がるケースもあります。

 

【糖尿病としびれの関係】

 

糖尿病が原因となってしびれが起こる場合、症状の特徴として、初期は手足にジンジンとしたしびれが生じ、ひどくなるにつれて強い痛みも加わります。

特に足のしびれには注意が必要です。
というのも、足のふくらはぎは『第二の心臓』とも呼ばれるほど身体全体の血の巡りに関わる重要な部位です。
そのふくらはぎの動脈が細くなってしまった、あるいは血栓などができて詰まっている場合にもしびれが起こるため、放っておくと脳梗塞や心臓発作を引き起こす可能性もあるからです。

足にしびれや痛みの他、ふくらはぎの突っ張りが頻繁に起こるようであれば、医療機関へ相談しましょう。

 

セルフケアで足のしびれ・痛みを和らげましょう

病気が原因でない足のしびれ、痛みの場合はセルフケアで症状を緩和できることもあります。

また、腰痛が発端となっている場合は、腰痛ケアを行うと改善に繋がります。

 

では実際にセルフケア方法をいくつかご紹介します。

 

【足のしびれ・痛みセルフケア】

 

◇身体を動かす

特に長時間座りっぱなしのデスクワーカーは、足の血の巡りが悪くなりエコノミークラス症候群になる可能性が高いと言えます。

できるだけ定期的に身体を動かすよう意識してみて下さい。

例えば、1時間に1回は立ち上がって伸びをしたり、トイレや飲み物を取りに行くなどして軽く移動するだけでも十分です。
また、運動不足の方も注意が必要です。柔軟な筋肉が失われ身体の巡りが滞りやすくになってしまいます。
軽いウォーキングなどを取り入れながら継続的に身体を動かして、柔軟な筋肉を備えましょう。

◇冷やさない

しびれや痛みの原因の一つ『血管性』は、血液循環を良くすれば改善に繋がります。
そのため、冷やさないことが最も簡単で重要となります。たとえ暑い夏の時期でも身体を温めるよう心がけて下さい。

夜、しっかりと湯船につかって身体を温めることもおすすめです。
お風呂上がりにストレッチをすることで、さらに改善と予防にもなります。
『神経症』のしびれの方も、冷えは症状悪化の大きな原因となります。緩和の目的で「温め」をとにかく意識してみて下さい。

◇腰に負担をかけない

腰や骨盤のずれが原因となってしびれが起きている場合は、「正しい姿勢」を日頃から意識するようにしましょう。
腰に負担がかからないようにお腹周りや足の筋肉を鍛えることも重要です。
また、「痛いから」といって動かさずにいると筋肉が固まり、返って症状が悪化するケースもあります。
あまりに痛みの強い場合ではない限りは積極的に身体を動かすよう心がけましょう。

 

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)】アプローチ方法

足の痛みやしびれで病院に行ったら「坐骨神経痛と言われた」という方も多いのではないでしょうか。

坐骨神経痛とは腰〜足の神経(坐骨神経)に沿って痛みやしびれが出ている症状の総称です。

しかし実際には坐骨神経痛の中でも椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など原因はさまざまです。

当院ではまず初めにハイボルト検査を行い痛みやしびれの原因を特定した上で原因となっている部位にアプローチをしています。

 

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■骨格矯正

骨格矯正は、全身のバランスを確認し、その方にとって最適のバランスに導くことが期待できる施術です。
人間の身体は、もとから左右がまったくの対称ではありません。
そのため、左右対称を目指すわけではなく、その方にとっての最適なバランスになる調整や身体の局所にかかる負荷を取り除くことを目指し、症状の改善を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

 

■鍼灸

鍼灸はその名の通り、鍼やお灸を使用した施術です。
東洋医学では、鍼や灸によって全身の気血の流れを整え、未病(病気になる前の段階)を予防するという考えがあります。
しかし、鍼灸には、未病の予防だけではなく、自己治癒力を向上させることによってさまざまな不調に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

 

■PIA

PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、生体エネルギーの乱れを整え、症状の改善を目指す施術方法です。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中