更年期障害でお悩みの方へ

更年期障害によくある症状

  • 頭痛やめまい、肩こりなど関節痛に悩む

  • 大量の汗をかく

  • 気分が落ち込んだりイライラすることが多い

  • 寝つきが悪い

更年期障害と上手に付き合うために

「更年期障害」と聞くと女性だけがなるものと思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、

実のところ多くの男性も更年期障害に悩んでいらっしゃいます。

 

更年期障害は、上手な付き合い方が肝になってきまます。

そのためには本人だけではなく周りにいる家族の助けも重要なキーとなってくるのです。

 

今回はそんな更年期障害の起こるメカニズムや、不調を和らげるセルフケアについてお話します。

更年期障害改善メニュー Recommend Menu

更年期障害を引き起こす原因について

更年期障害とはいつ頃から始まり、どのような症状が出るのでしょうか。

 

【更年期障害について】

 

女性の場合、一般に「更年期」とは閉経を挟む45〜55歳の約10年間の期間を言います。
人によって閉経の時期は違うので早ければ40歳ごろから更年期がはじまる方もいらっしゃいます。

更年期に入るとエストロゲンというホルモンが急激に減少し、生理が乱れたり顔がほてるなどの症状が生じることを「更年期障害」と言います。

 

また、ホルモンの減少は自律神経の乱れにも影響します。
気分の落ち込みやイライラ、不安感、頭痛などのいわゆる「自律神経失調症」が起こる場合もあります。

 

【更年期障害の症状について】

 

女性の更年期障害は、エストロゲンの減少が起こった直後に生じる「早発症状」と、閉経後に生じる「遅発症状」の2つがあります。

◇「早発症状」

・顔のほてり(ホットフラッシュ)
・大量の汗が出る
・イライラしたり気分のアップダウンが激しい
・体温調整がうまくいかない
・睡眠不足
・めまいや動機
・頭痛や肩こり
・生理不順

◇「遅発症状」

・尿もれ
・乾燥肌などの皮膚病気
・性交痛
・陰部のかゆみ

 

【男性も起こる更年期障害】

 

女性に限らず男性の方も年齢とともにホルモン低下は起こります。
女性との大きな違いは、男性の場合40〜70歳までと更年期障害が発症する可能性のある期間がとても長いということです。
症状については女性と同じく身体の痛みや自律神経の乱れ。加えて性機能の衰えを感じるケースもあります。

 

【若い方にも起こる更年期障害】

 

無理なダイエットや生活習慣の乱れが原因となり、閉経をまたずして更年期障害の起きる「若年性更年期障害」というものもあります。
自律神経の乱れにより卵巣機能が早くに低下することが要因と考えられています。

 

更年期障害と上手に向き合うために

更年期障害は、乱れた自律神経を整えて身体の巡りを良くすることで、徐々に不調が改善されてゆきます。

そのためには自分自身の身体と心の両方と向き合うことが大切です。

 

【更年期障害のセルフケア】

 

◇食生活は和食中心にしましょう

野菜や魚、大豆などがメインとなる和食は理想的な健康食。
特に食物繊維を多く含む野菜は脳卒中の発症リスクを減らすとともに腸内環境も整えてくれるため心身ともに強い身体を中から作ってくれます。
腸を整えることは免疫機能をアップして自律神経のバランスも保つとあり良いことづくめです。

塩分の多い漬物やお味噌汁は高血圧の原因にも繋がるため摂り過ぎ注意が必要です。
塩や味噌は減塩を使うなど工夫してバランスの良い食事を心がけましょう。

 

また糖分の多いフルーツもほどほどにしましょう。摂るならばフルーツのなかでも比較的糖分の少ないベリーやキウイなどを選ぶと良いでしょう。

◇「私は私」と開き直りの心を持つ

自律神経を乱す更年期。どうしても気分が落ち込みやすく、時に自分を責めがちになってしまうこともあるかもしれません。そうなるとより症状は悪化します。
無理をせず、「できないことはできない」と自分を甘やかせることも大切です。

また、とにかくよく笑うことも大切です。
バラエティ番組を見たり友方との何気ない会話を楽しむなど、家にこもるのではなくちょっとでも外の空気に触れてゆっくり散歩することも気分転換になり、身体を動かすことで血行が良くなり自律神経を整えてもくれます。

◇あまりにつらい症状ならば医療機関を頼る

女性の更年期障害の場合、生理不順やホットフラッシュと呼ばれる顔のほてり、大量の汗が吹き出るなどといった症状は日常生活に支障をきたすほどつらい場合もあるのではないでしょうか。
あまりに症状がつらい場合は医療機関に相談することをおすすめします。
適切なアドバイスのもの改善方法のアドバイスをくれる他、ケースによってはホルモン剤によってバランスをとる方法などもあります。

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【更年期障害】アプローチ方法

当院では更年期障害に対して、自律神経のバランスを整えることを目指す施術を行っています。

自律神経が乱れてしまうと疲れやすくなったり、顔や上半身がのぼせたり、眠りが浅くなるといった症状が出やすくなります。

バランスのよい栄養、適度な運動、十分な休養、自分なりのリフレッシュを生活に取り入れる工夫が必要です。

 

まずは日常生活を一緒に見直していきましょう。

 

 

【更年期障害に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■骨格矯正

骨格矯正は、全身のバランスを確認し、その方にとって最適のバランスに導くことが期待できる施術です。
人間の身体は、もとから左右がまったくの対称ではありません。
そのため、左右対称を目指すわけではなく、その方にとっての最適なバランスになる調整や身体の局所にかかる負荷を取り除くことを目指し、症状の改善を行っていきます。

 

■ドレナージュ
【EHD】

首、肩、頭、眼の周りの筋肉を緩めて経穴(ツボ)への刺激を行っています。
頭痛や眼精疲労、自律神経系の悩みに対しても効果が期待できます。

 

【DPL】

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われ、血液循環にもっとも大切な器官です。
DPLは筋肉を深部からほぐして柔軟にしていくことで、全身の血液循環の改善が期待できます。

 

■鍼灸

鍼灸はその名の通り、鍼やお灸を使用した施術です。
東洋医学では、鍼や灸によって全身の気血の流れを整え、未病(病気になる前の段階)を予防するという考えがあります。
しかし、鍼灸には、未病の予防だけではなく、自己治癒力を向上させることによってさまざまな不調に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

 

■PIA

PIAは、生体エネルギー(気)や異種金属や磁石を使用して、生体エネルギーの乱れを整え、症状の改善を目指す施術方法です。

 

■季節調整

季節調整を行うことで、季節の変わり目の不調を未然に防ぐことが期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中