股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 歩く時、股関節に痛みや違和感を覚える

  • 慢性的な股関節痛に悩んでいる

  • 足の付け根の痛みがつらく、夜も眠れない

  • 正座など足を曲げ伸ばす動作が困難

歩けないほどつらい股関節の痛みを解消したい

関節が炎症を起こし痛みを発症する「股関節痛」

身体のバランスが悪い方や、サッカーやマラソン選手など、

股関節を酷使するスポーツマンに発症しやすいとも言われています。

 

今回はそんな「股関節痛」についての原因や対策方法をご紹介します。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

「股関節痛」はなぜ起こるのでしょうか

股関節の痛みはなぜ起こるのでしょうか。

股関節痛が起こるメカニズムや考えられる原因についてみてきましょう。

 

【股関節の仕組みと痛みのメカニズム】

 

股関節は、太ももの骨の上にある骨頭(こっとう)という丸い部分が骨盤のくぼみにすっぽりと入る形で形成されています。
骨の表面は軟骨で覆われています。
軟骨はスムーズな動きや衝撃を吸収する働きを果たしてくれている、とっても重要な存在なのです。

しかし、年齢とともにこの軟骨がすり減ってしまうと、骨同士が接触を起こし「変形性股関節症」が引き起こされ、やがて痛みや炎症となって現れ始めます。

 

【股関節痛の症状】

 

股関節痛は比較的女性に多く、特に高齢の方が股関節痛に悩んでいるとも言われています。

初期は、少しの痛みや違和感といった程度と言われていますが、徐々に慢性的な痛みへと進行し、ひどくなると歩きづらさを感じるようにもなります。
日常のささいな行動、例えば爪を切るなどといった動作さえもつらく感じるようにもなります。

 

【病気が股関節痛を引き起こす場合】

 

関節痛の原因はなにも「加齢」だけでははありません。
お尻の肉離れ股関節の使い過ぎによって痛みが生じる場合も多くあります。

また、女性の方に特に知っておいて欲しいことが、「婦人科系の病気が関係していることもある」ということ。

例えば・・・

・子宮筋腫
・卵巣腫瘍
・子宮内膜症

これらは、症状が進むと股関節の神経を圧迫し、股関節痛が起こるケースがあります。
あまりに長期間続く痛みの場合、一度は婦人科系の病気を疑ってみるのも良いかもしれません。

股関節痛をセルフケアで改善しましょう

多くの方が悩まされる「変形性股関節症」の場合、セルフケアで痛みが和らぐこともあります。

変形性股関節症は、初期の段階できちんと対処しておくことが大切です。

進行すると痛みがひどくなり、ストレッチや運動はおろか歩くことさえ難しくなることさえあります。

 

具体的に、どのような対処法があるのでしょうか。

「対策」と「予防」の2つの観点からみていきましょう。

 

【変形性股関節症のセルフケア】

 

◇対策:負担和らげて痛みを解消

変形性股関節症は、股関節の軟骨のすり減りが主な原因です。残念ながら、軟骨は一度すり減ると元に戻すことは難しいものです。
痛みが出たら「負担を減らす」生活を心がけて悪化させないようにします。
どういった動作の時に痛みが生じるのか、自分でよく見極めてみましょう。

また、痛みがあるとつい身体を動かすこと自体が億劫になってしまいますが、適度な運動を取り入れながら、筋力が衰えないよう心がけましょう。

出来るようならば軽いウォーキングを行いましょう。負担を軽減すべくクッション性のあるウォーキングシューズを選ぶと良いでしょう。

痛みが強く、歩くのさえつらい方は水中ウォーキングがおすすめです。

 

◇予防:筋力アップで股関節周辺を強化

歩くために必要な太ももやお尻の筋肉を鍛えておくことで、股関節痛予防に繋がります。
痛みが強くならない範囲で、腿の上げ下げを行う、ウォーキングやストレッチを行うなど、日々習慣付けられることから始めましょう。

急な運動は症状の悪化を招くケースもありますので、無理のない範囲で続けることが重要です。

どのような運動が適切か分からない場合は、医療機関や接骨院・整骨院にかかることも大切と言えます。

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節痛は骨盤のゆがみや歩行、立ち方が悪い方に発生するケースがとても多いです。

まず、歩行検査姿勢観察を行い、なぜ股関節痛が起きているのかを確認します。

 

※股関節痛の場合には外反母趾や扁平足などの足の形状やつき方に問題があることも多いので、股関節以外の全身の状態も確認します。

 

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)は血液が滞りやすい場所にあり、そこを刺激することで不調の改善が期待できると言われています。
361種類以上もあるとされる経穴(ツボ)の中には、刺激をすることで即効性がある経穴(ツボ)もあると言われています。

 

■テーピング

ケガの再発予防や筋肉のサポート、関節の固定、循環改善などに使用します。

 

■骨格矯正

骨格矯正は、全身のバランスを確認し、その方にとって最適のバランスに導くことが期待できる施術です。
人間の身体は、もとから左右がまったくの対称ではありません。
そのため、左右対称を目指すわけではなく、その方にとっての最適なバランスになる調整や身体の局所にかかる負荷を取り除くことを目指し、症状の改善を行っていきます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われ、血液循環にもっとも大切な器官です。
DPLは筋肉を深部からほぐして柔軟にしていくことで、全身の血液循環の改善が期待できます。

 

■カッピング

透明のカップでカップ内を真空状態にし、皮膚や皮下脂肪などを刺激することで、滞った血液やリンパの流れの改善を目指します。
溢血斑の出具合や色別で内臓の汚れ具合がわかります。首、肩、腰の筋肉を緩めて痛みの緩和が期待できます。

 

■鍼灸

鍼灸はその名の通り、鍼やお灸を使用した施術です。
東洋医学では、鍼や灸によって全身の気血の流れを整え、未病(病気になる前の段階)を予防するという考えがあります。
しかし、鍼灸には、未病の予防だけではなく、自己治癒力を向上させることによってさまざまな不調に効果が期待できます。

 

■温熱療法

身体の一部に温熱刺激を入れることによる血流の増加を目指す施術や、炎症を抑え鎮静化を目指す温罨法、自律神経を整えることを目指すために身体のさまざまな場所に温熱刺激を入れる温熱療法など、整骨院・接骨院ではいくつかの温罨法・温熱療法を取り入れています。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中