骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 転倒して
    手をついた後
    手首が
    腫れてきた

  • ゴルフの練習を
    しているが、
    最近背中が痛い

  • 骨折なのか
    打撲なのか
    見分けが
    つかない

  • 骨折を
    できるだけ
    早く治癒
    させたい

骨折をしてしまった場合どのように対処すればよいのでしょうか

骨折はコンタクトスポーツをされている方、

高齢者の方に起こりやすいケガだと言われています。

 

日常生活でも転倒や事故によって骨折する可能性はありますので、

適切な処置方法を知っておくことが大切です。

 

こちらのページでは骨折の症状と対処法について詳しくまとめてあります。

ぜひ、ご確認ください。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折を起こす原因や特徴的な症状について

骨折は「骨の連続性が断たれた状態」を指します。
骨には知覚神経や血管が豊富に走っているために、痛み、内出血の症状が強く出てくることが考えられます。

骨折に対する適切な処置をしていくためにも、まずこちらで「骨折とはどのようなケガなのか?」について詳しくみてきましょう。

 

【骨折の程度による分類】

 

完全骨折:骨の連続性が完全に断たれて、離断してしまった状態を言います。

不全骨折:連続性が一部断たれたもので、ヒビや亀裂骨折、陥凹骨折、剥離骨折などが挙げられます。

 

【骨折の種類】

 

・外傷性骨折

一般的なケガによる骨折になります。
スポーツ、日常生活における転倒、転落、衝突、事故など大きな外力が加わることで発生しやすくなっています。

 

・疲労骨折

一度の外力は小さくても、繰り返し骨に負担が加わり続けることで発生した骨折になります。
代表的なものに、走り込みによる足の疲労骨折が挙げられます。

 

・病的骨折

骨の変異によって強度が低下し、わずかな外力によって骨折してしまったものになります。
骨粗鬆症、骨腫瘍、骨肉腫、がんの骨転移などが挙げられます。

 

【骨折の症状】

 

<一般外傷症状(多くの外傷にみられる症状)>

・疼痛

骨や骨周辺には知覚神経が豊富に走っているため、その他の外傷と比較すると疼痛は強めに出ることが多くなっています。

また、「限局性圧痛(骨折部に限局した圧痛)」「介達痛(叩打痛、軸圧痛、牽引痛)」といった痛みが出ている場合、骨折の可能性が高くなります。
※介達痛:離れた箇所から刺激を加えると、骨折部に痛みが響くことをいいます。

・腫脹

内出血によって患部は腫れます。

・機能障害

運動に制限がみられます。

 

<固有症状>

・軋轢音

骨折端が衝突することで、「グズグズ」「コツコツ」とした軋轢音を手に感じることがあります。

・転位と変形

骨の位置がずれることを「転位」と呼びます。
転位することで外観が変形することがあります。

・異常可動性

骨が離断した場合、関節以外の場所で、骨が通常では考えられない方向に動くことがあります。

 

<全身症状>

・ショック症状

激しい痛みによる神経の過剰な興奮、大量の内出血によって循環バランスが崩れることがあります。
「顔面蒼白」「虚脱」「冷や汗」「脈拍が触れなくなる」といった症状がみられることがあります。

・発熱

免疫力を高めるために、全身に発熱症状がみられることがあります(吸収熱)

 

【骨折の併発症】

 

骨折に伴い、「軟部組織(筋肉、腱)」「末梢神経」「血管」といった周辺組織を損傷してしまうことがあります。
また、関節面を損傷した場合は、関節の動きに制限が残ることもあります。

骨折が疑われる場合の対処法について

骨折の症状が疑われる場合、早急に「RICE処置」を行うことが大切です。
受傷後の処置が遅れるほど、回復にも時間がかかってしまうことが考えられます。

こちらでは、骨折の処置法、対策について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

・Rest(安静)

損傷を悪化させないように、患部を安静にします。
包帯やバンテージで固定する場合もあります。

・Icing(冷却)

袋に入った氷水を患部にあてて冷却します。
毛細血管を収縮させることで、内出血の抑制を期待できます。(冷やしすぎないようにしましょう)

・Compression(圧迫)

腫脹を抑えるために、患部をバンテージや包帯で圧迫します。
締め付けすぎることで、循環障害を起こさないように注意しましょう。

・Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に挙上することで、内出血量を抑えます。

 

RICE処置を行いましたら、早急に接骨院・整骨院、医療機関に行くようにしましょう。
「整復(骨を正しい位置に戻す)」「固定」を施すことで、早期回復を目指します。

 

【日常生活で行える骨折の対策】

 

・転倒の予防

転倒は骨折のリスクを高めてしまいます。
体幹、バランス感覚の強化、濡れた道を歩かないようにするなど、転倒を予防していくことが大切です。

 

・生活習慣の見直し

特に中高年の女性はホルモンの影響で骨が弱くなりやすいと言えます。
「適度な運動」「規則正しい生活」「栄養バランスの整った食事」など、なるべく骨の強度が落ちない生活習慣を心がけましょう。

 

【骨折の治癒経過】

 

・炎症期

壊死組織が除去される際に血流量が増加するため、炎症が強く出てくる時期になります。

 

・修復期(仮骨形成期、仮骨硬化期)

仮骨の形成、硬化を経て、骨の修復が開始される時期になります。

 

・リモデリング期

仮骨が吸収と再形成を繰り返すことで、本来の骨に置き換わってくる時期になります。

船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院の【骨折】アプローチ方法

骨折の施術は①整復②固定③後療の3段階に分けられ、できるだけ早期に施術を開始することで、損傷組織の治癒過程が良好に進行していきます。

転位(骨の位置がズレていること)したまま放置していると、周辺の筋腱・関節の機能低下や障害、二次的な神経・血管・皮膚への障害や損傷、美容面での問題などが発生してしまいます。

整骨院・接骨院では応急処置を行うことができます。
当院ではエコー(超音波観察装置)を使って骨折の状態を詳しく観察した上で整復し、整復した位置からズレないように固定して、患部を安静にします。
その後、専門の医療機関へご紹介し、より詳しくみていただきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

日常生活上での突発的なケガや過度の筋緊張、不意に加わった荷重、直接的な外力、スポーツ中に一度の外力で起こる損傷に対しての施術です。
または、日常生活の動作やスポーツの中で起きる、筋肉の使い過ぎや急な負担、誤った使い方などが原因で起こる損傷の施術を行っています。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト療法は、高電圧の刺激を身体の深部に浸透させる電気療法です。
最近になって、有名アスリートなども疼痛の軽減や治癒促進などに取り入れることが多くなってきた施術法です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

特殊な器具や手技による筋膜リリースのことで、血行の促進→細胞の活性化→コラーゲンの形成を促して組織の回復能力を高めることが期待できる施術です。
腱炎や筋肉のケガ、関節の動きの悪さなどに対して施術することにより、痛みや関節の可動域の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:高井 那央登(たかい なおと)
1992年2月3日生
A型
趣味:トレーニング、スポーツ、読書、旅行、バイク
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
住所〒134-0091 東京都江戸川区船堀3-7-11
最寄:船堀駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院 公式SNSアカウント 船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】船堀中央接骨院・船堀中央鍼灸院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中